学校情報

公務員予備校の基礎知識と選び方のポイント【予備校経験者が徹底解説】

 

「公務員予備校ってどんな学校ですか?」

「どんな人が向いていますか?」

 

こんな疑問を解決できる記事になっています!

 

公務員予備校を活用して、公務員になる人が急激に増えています。

でも、いまいち予備校ってどんな学校か分からないですよね。

 

そこで、公務員系学校を全て経験しているヤット(@kantan_koumuin)が、初心者の方向けに解説します!

 

この記事を書いた人

公務員試験道場

 

この記事で学べること

  • 予備校の基礎知識
  • 選び方
  • メリットやデメリット
  • どんな人に向いているか

 

この記事を読んでいただければ、公務員予備校の知識が深まり、自分がどのように学習していけば良いか分かるようになります。

 

公務員予備校の基礎知識

 

公務員予備校とは、公務員を目指す受験生のために、公務員試験に関する知識やノウハウを教えてくれる教育機関の1つです。

要するに、公務員試験の助っ人のような立場ですね。

 

2010年以降から公務員予備校を運営する会社が次々と誕生し、現在では10社以上が公務員予備校を運営しています。

 

公務員系学校には大きく専門学校と予備校に分けられ、公務員学校の一翼を担う存在ですね。

公務員予備校費用

 

特徴

公務員予備校

予備校は、専門学校に比べ自由度が高く半独学のような形で、勉強を進めていくことになります。

 

専門学校は卒業証書が授与され、経歴にも加筆することができますが、予備校は特にありませんね。

そのため、出席日数などの縛りがなく受験生次第になってくるんですよね。

 

予備校は、ある程度自制心が必要なので自分を律することができない人には向いていません。

 

ヤット
多くの受験生は一度はダレてしまいます!

 

学費

 

学費はとにかく安いですね。

専門学校は基本的に全日制なので、運営側の固定費がかかり相対的に学費が高くなる傾向があります。

 

一方、予備校は受験生主導で勉強のスタイルを決めていくため、運営側のコストを最小限に抑えることができます。

そのため、専門学校に比べ50万円以上も安く入校することができます。

公務員予備校費用

 

学費についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

こちらもCHECK

公務員予備校費用
【2022最新】公務員予備校の費用まとめ【予備校7社を徹底比較・費用を抑える方法〇〇】

続きを見る

 

予備校の種類

 

予備校には、通学型とオンライン型の2種類がありますね。

通学型はその名の通り、専門学校のように校舎に通学しながら勉強していくスタイル。

オンライン型は、動画を視聴しながら勉強していくスタイルになります。

 

通学型は東京アカデミー、オンライン型はアガルートアカデミーが有名です。

 

 

それぞれにメリットやデメリットがあるので、様々な面から考えて活用するか決めていきましょう。

 

公務員予備校の選び方

 

公務員予備校には様々な選び方がありますが、まずは以下の5つのポイントを基準にしてください。

  • 学習スタイルが合っているか
  • 志望先をカバーしているか
  • 経歴や学歴
  • 面接対策など
  • サポート体制は整っているか

 

ヤット
順番に解説していきます!

 

学習スタイルが合っているか

 

学習スタイルは人によって様々。

例えば、社会人の場合は平日は本業があるため、勉強することはできません。

必然的に平日の夜か、土日に集中することになりますよね。

 

と言うことは、通学型では負担になり勉強を挫折してしまう可能性も・・・。

 

このように自分の生活習慣などに合わせながら予備校を選ぶことをおすすめします。

 

社会人は通学生の場合、結構しんどいよね
キー

 

志望先をカバーしているか

 

公務員の種類は膨大にあります。

1つとして同じ試験はありませんし、それぞれ専用の試験準備が必要です。

  • 職種
  • 区分
  • 場所
  • 時期

上記のことを踏まえながら、自分の志望先に合格できるカリキュラムが用意されているか調べておきましょう。

 

簡単なのは、「職種名+コース」のコースですね。

例えば、「<今から始める!>地方上級・国家一般職 速習カリキュラム(2023年合格目標)」。

 

このようなコース名を選んでおけば、間違いなく自分の志望先をカバーできることになります。

 

経歴や学歴

 

学校にもよりますが「社会人〇〇コース」「大学2年生〇〇コース」のようなコースが用意されている場合が多々あります。

 

社会人であれば、現役学生とは異なった準備をする必要があるため、専用のコースがあれば助かります。

ご自身のバックグランドに考えながら選びましょう。

 

 

面接対策など

 

予備校はコストを抑えている分、2次試験以降はオプションになっているような場合があります。

 

基本的にはセットコースを選べば、面接や論文添削など全てカバーできますね。

しかし、予備校によってはどの部分までカバーされているか異なるため、確認しておくことをおすすめします。

 

サポート体制は整っているか

 

特にオンライン予備校は動画視聴が中心となるため、運営側との距離があります。

そのため「こうしてほしい」と思ったことや「どうやるの?」なんて疑問に思ったことに、すぐに対応してもらえないことがあります。

 

その分、学費が抑えられているわけですが・・・。

 

オンライン型に限らず、予備校は半独学の側面が強いのでサポートを待っていても動いてもらません。

自分で考えてサポートが必要だというポイントを知っておくことも大切です。

 

公務員予備校のメリットとデメリット

 

どの学校にもメリットとデメリットが潜んでいます。

どちらも把握していないと、思わぬトラブルにも発展する可能性もあるため注意が必要。

 

メリット:学費が安い

 

最大のメリットは学費が安いことですね。

単科講座(1科目から受講できる)であれば、1万円台で受講できるものもあり、非常にコスパに優れています。

 

また、専門学校に比べ特典やキャンペーンが豊富にあり数万円〜無料になるものもあるくらい。

経済的に余裕がない受験生にとっては最高ですよね。

 

デメリット:半独学

 

予備校は専門学校のように、全て任せていても全く動いてくれません。

なんなら予備校としては、学費さえ払ってもらえればそれでOK。

極端な話、受験生がサボっていようが、注意してもらえません。

 

そのかわり、やる気のある受験生にはしっかりと応えてくれるので、その点は心配要りません。

 

そのため「自分には何が必要なのか、どう行動していかなければならないか」を考えることができなければ、予備校でやっていくことは難しいですね。

 

おすすめの公務員予備校

出典:アガルートアカデミー公式ページより

 

公務員試験道場では、オンライン型予備校であるアガルートアカデミー(以下「アガルート」)をおすすめしています。

 

理由としては、コスパ抜群にも関わらず万全のサポート体制を整えているからです。

 

具体的には、

  • Facebook質問し放題
  • 模擬面接回数無制限
  • 面接カード・EC添削無制限
  • 月1回の定期カウンセリング

などなど。

この内容が付いて筆記〜面接まで全てサポートしてもらえます。

しかも、セットコースでも30万円前後で受講できるものが多く、受験生にとっては嬉しいですよね。

 

ちなみに、僕は実際にアガルートの公務員講座を受講しています。

数々の公務員学校を経験してきた僕が自信を持っておすすめします!

 

詳しくはコチラ

 

各校の比較についてはこちらの記事をご覧ください。

こちらもCHECK

公務員予備校比較
【2022最新】公務員予備校を2種類に分けて比較【通学型・オンライン型】

続きを見る

 

まとめ:最短で内定を目指せる!

 

今回は公務員予備校について解説しました。

僕の経験上、公務員予備校は間違いなく強力な助っ人となってくれます。

 

しかし、何も考えず予備校に入ってしまうと時間を浪費するだけでなく、貴重なお金もなくなってしまいます。

メリットやデメリットを把握しながら、自分に合った公務員予備校を選ぶようにしましょう。

 

公務員予備校は、上手に使えばコスパ抜群で最短の時間で公務員になることが可能です。

実際に僕は公務員予備校を活用して、公務員になることができたので間違いありません。

 

まずは、無料体験などを活用して最適な公務員予備校に出会いましょう!

 

公務員試験道場がおすすめしているアガルートでも、無料体験を実施しています。

興味のある方は下記のボタンからどうぞ。

 

無料講座を申し込む

 

よく読まれる記事

公務員予備校へ通う時期は今だ!【今すぐ通うべき理由2つを徹底解説】

続きを見る

-学校情報

© 2022 公務員試験道場 Powered by AFFINGER5