筆記試験

筆記試験

【公務員試験】文章理解を理解できない人は4つの型を意識しよう

2022/9/26    

文章理解には4つの型が存在するのはご存じだろうか?この質問に即答できないのであれば、あなたは、文章理解で得点できない可能性が高い。しかし、4つの型を理解した上で、解法パターンを頭に叩き込めば、文章理解で得点することは十分に可能だ。「文章理解の得点を伸ばしたい」そう思っている受験生はぜひ読んでいただきたい。

筆記試験

【公務員試験】資料解釈で得点を伸ばすポイントは5つだけだった

2022/9/26    

空間把握は多くの受験生が苦戦する科目と言っても良いでしょう。しかし、空間把握は難しくない。なぜなら、解法パターンが確立されており、計算せずとも「知っているだけ」だけで消去できる選択肢もあるほど。また、空間把握に高い計算能力は必要ない。必要なのは、グラフや表を正しく読み取り、雑に計算できるかどうかだけ。

空間把握コツ

筆記試験

【公務員試験】空間把握は5割取れば十分【暗記さえすれば1分で解ける!?】

2022/8/4    

空間把握は、その場の思いつきで解くような問題ではありません。しっかりとした解法パターンが存在し、そのパターンに従って解けば1分で解けるような問題もあります。しかし、多くの受験生は捨ててしまっている。そのため、空間把握は得点を伸ばす狙い目の科目と言えます。

筆記試験

8割の受験生が知らない判断推理の真実【実は解くコツは1つだけだった】

2022/10/12    

判断推理の問題を解く際のコツは、実は1つだけ。それが、解法パターンを頭に叩き込むこと。これさえ理解していれば小手先のテクニックなんて必要ありません。この記事では、判断推理とはどのような能力を問われているか?等、本質的な部分にまで掘り下げて記事を作っております。

筆記試験

東京消防庁の教養試験の内容とは?【特徴と不合格を防ぐ対策法を紹介】

2022/8/4    

東京消防庁の教養試験は他の消防本部とは異なり、知能偏重型。いくら知識の点数が良くても、知能問題で得点していなければ一次試験を突破することはできません。この記事では、試験突破のための最も効率の良い勉強方法を解説しています。

筆記試験

東京消防庁の過去問【過去問から学べること】おすすめの参考書も紹介

2022/8/4    

東京消防庁の過去問は公式にネット上に公開されています。しかし、その量は限られているため、自身で参考書等を購入するしかありません。過去問は受験勉強の中でも非常に大きな役割を果たすため、必ず過去問に目を通すようにしておきましょう。この記事では過去問の重要性についても解説しています。

筆記試験

東京消防庁消防官3類(高卒区分)とは?【1類・2類・3類の違いを解説】

2022/8/4    

東京消防庁の3類と言えば、一般的には高卒区分として知られています。しかし、東京消防庁を初めて受験する受験生にとっては、分かりにくいですよね。そこでこの記事では「東京消防庁3類とはどんな試験か?」という部分について簡単に解説しています。この記事を読んでいただければ、3類の知識が深まりますよ。

筆記試験

東京消防庁<採用試験>試験会場【地方居住の受験者が知っておくべきこと】

2022/8/4    

東京消防庁の試験は全国の複数の会場で実施されます。これほど大規模に試験を実施できるのは東京消防庁のみ。しかし、試験会場が複数あるため、様々な疑問がありますよね。二次試験も全国で受験できる?宿泊施設はどうする?こんな細かい疑問に答えた記事になっています。

筆記試験

東京消防庁の論文試験を徹底解説【2つの特徴と具体的な対策法】

2022/8/4    

東京消防庁の論作文試験には、ある特徴が2つあります。それは「文字数」と「採点方法」について。この2つについては、対策を誤ると不合格になる可能性があります。この記事では、そんな東京消防庁の論作文試験について、特徴がある背景や具体的な対策について解説しています。

筆記試験

数的推理が難しく感じる2つの理由と数的推理の対策法【初心者向け】

2022/11/29    

  「数的推理は難しいから捨てた方が良い」 周りの受験生からこんな意見を聞いたことはありませんか?   実は、数的推理の問題はコツさえ掴めば大して難しいことはありません。 なぜなら ...

© 2022 公務員試験道場 Powered by AFFINGER5