面接試験

【公務員試験】プレゼン面接を3つのステップで解説(情報・資料・実技)

2022年9月10日

公務員プレゼン面接試験

 

最近、社会人枠などで増えてきているプレゼンテーション面接(以下「プレゼン面接」)。

個別面接やグループ面接とちがい、独特な準備が必要になってきます。

 

「どんな準備をしたら良いか分からない」

「コツはあるの?」

 

そんな疑問に答えた記事になっています。

 

プレゼン面接は、資料作成が超重要!

コツさえつかめば、プレゼン面接は皆さんが思っているほど難しくはありませんよ。

 

この記事では、

などについて、書いています。

 

この記事を書いた人

 

これから、プレゼン面接を受験予定の社会人の方にはぜひ読んでいただきたいと記事になっています。

 

【公務員試験】プレゼン面接の全体像

 

プレゼン面接は、与えられたテーマに沿って受験生が面接官に向かって、プレゼンテーションを行うことです。

 

テーマは「自己PR」や「学生時代に力を入れたこと」など様々。

 

個別面接や集団討論と大きく違うのは、自分で資料を用意し本番の試験で使うことでしょう。

資料は自由に作って良い場合が多く、PowerPointやCanvaなどを使っている人が多いようですね。

 

プレゼン面接の定義

特に視覚情報を重視した、情報伝達手段の1つ。広告業界では以前より採用されていた面接形式。

出典:Wikipediaより

 

審査されるポイント

 

プレゼン面接では、以下の3つの点が審査されます。

・論理的思考

・プレゼン能力

・自己表現能力

 

順番に解説していきます!

 

論理的思考

 

プレゼンは、相手に自分の意見を納得してもらう手段の1つです。

 

その相手に納得してもらうためには、研究成果や資料を用い順序立てて話す必要があります。

論理的に話せないと、説明が非常に分かりにくく結局何が言いたいのか、理解してもらえないことも・・・。

 

プレゼン能力

 

公務員として働いていく場合を考えてみましょう。

 

例えば、政策を上司や国民に対して説明する際や、必要性を訴える際にも、プレゼン能力の有無が重要になってきます。

 

プレゼン能力が高い人は、採用者側としても非常に重宝されます。

 

自己表現能力

 

発表資料の作り方や発表の方法は人それぞれ。

例えば、下記のようなこと。

・写真や図

・言葉

・配色

・アニメーション

・空間

 

面接官は、発表時の話し方や、資料の見やすさなど様々な視点で「自己表現できているか」を採点しています。

自己表現が顕著(けんちょ)に出るのも、プレゼン面接の特徴でしょう。

 

配点

 

配点は、官公庁によって様々ですが全体の概ね5割程度の点数を占めています。

例えば、令和4年度徳島県職員の採用試験を見てみましょう。

試験の配点状況

・教養試験:40点

・専門試験:60点

・論文試験:40点

・面接(個別とプレゼン):160点

 

徳島県の場合は、個別との合算なので詳細な配点は分かりませんが、配点は高めと思っておいて良いでしょう。

 

ヤット
試験の配点は個々でチェックしておきましょう!

 

テーマ

 

テーマは試験直前まで発表されないことが多いですね。

 

筆記試験の合格発表と同時に、面接試験該当者にテーマの内容が送付され傾向にあります。

テーマが発表されていないからと言って、焦らないようにしましょう。

 

参考

プレゼン資料の作り方はある程度、型が決まっているのでテーマを当てはめるだけでスムーズに作ることができます。

作り方については、後述します。

 

↑目次に戻る

【公務員試験】プレゼン面接の準備の流れ(3つのステップ)

 

準備の大まかな流れは以下のとおりです。

①情報集めと台本作り

②資料作成

③プレゼン練習

 

テーマが発表されれば、まずは情報収集と台本作り。

そして、プレゼンの命でもある資料作成に取り掛かります。

最後に、作った資料と台本を駆使しながら、実際にプレゼン練習を行っていくことになります。

 

キー
大まかな流れを知っておくと、準備にどれくらいの時間がかかるか分かってくるよ!

 

情報集めと台本作り

 

テーマが発表されれば、まず行うのが情報集めです。

そこから「どのようなことを話すか」という台本を作っていくことになりますよ。

 

ここでは、情報集めの方法や台本作りのコツを解説していきます。

 

テーマを見て発想

 

例えば、テーマが「社会人で困難な状況をどう乗り越え、その経験をどう活かすか?」というテーマだとします。

 

おすすめは、箇条書きです。

・営業での経験

・商談で失敗した

・商談相手に謝罪に行ったが、許してもらえなかった

・認めてもらえるように〜

このような形で、思いつく限り箇条書きで書いていきましょう。

 

ネットや学校を活用する

 

ネットの普及により、検索すれば様々な情報を集めることができます。

ネットで情報を集める際には、受験先の政策や取組みなどは最低限調べておいてください。

 

「自分の経験を〇〇の取組みで活かしていききます」のような発表方法もできますよね。

 

また、公務員系の学校(オンライン予備校含む)に通っている場合は、積極的に質問をしてみてください。

やはりプロの情報網は一般人とは比べ物にならないです。

 

自分の体験談を盛り込む

 

自分の経験談を台本の中に盛り込むことによって、より具体的になります

 

特に、経験プラス数字を伝えることにより、具体性が増す効果を得ることができるようになりますよ。

具体例

営業として前年度の成約率から、2.6倍の成約率を獲得することができました。

 

キー
具体性が増すと、面接官の印象に残るよね!

 

PREP法を意識する

 

PREP法とは、

・P(Point):結論

・R(Reason):理由

・E(Example):具体例、説明

・P(Point):再結論

の略になります。

 

上記の順番で話すことにより、論理的にかつ受けてに理解しやすい伝え方の方法です。

 

具体例

・P:(PREP法はプレゼン面接で有効な伝達手段です)

・R:(なぜなら、PREP法は相手にストレスなく論理的に伝えられるからです)

・E:(結論から話すと、面接官が話の概要をつかみやすくなり、理由や具体例があることで説得力が生まれます)

・P:(したがって、PREP法を必ず用いるべきです)

 

上記のような形を参考にしてください。

 

ヤット
必ずしもこの型を守る必要はありません!

 

資料作成のコツ【最大のアピールポイント】

 

情報集めや台本が固まれば、その内容を資料に落とし込んでいきましょう。

 

この資料は受験生の個性や表現力を面接官にアピールしやすいので、プレゼン面接において非常に大切。

 

有名なメラビアンの法則では、視覚情報(資料)55%に比べ、聴覚情報(話の内容)は38%にとどまります

つまり、資料がとにかく重要です!

 

具体的なコツをお伝えしていきますね。

 

全体の構成を考える

 

資料をいきなり作っていくのはNGです。

なぜなら、ゴールが決まっていない状態で物事を進めると、結論が分かりにくくなる可能性があるため。

 

設計図を作る際は、

・持ち時間

・図解や画像を何枚使うか

・理由を何個までいうか

・何を伝えたいのか

などを考えておきましょう。

 

必ず設計図を作ってから、資料を作成していきましょう。

設計図例

公務員プレゼン面接

 

上記は矢印などを使い、設計図を視覚的に分かりやすくしています。

文字だけでも良いので、設計図を使って全体をつかむようにしてください。

 

文字は最小限に

 

伝えたい思いが強すぎて、伝えたいことを全て文字にしてしまう受験生が居ますが、逆効果です。

 

文字だけの資料は読みにくいですし、何よりつまらなくなってしまうんですよね。

下記を参考にどうぞ。

・要点だけを書く

・同じ言い回しを控える

・体言止めなどを活用する

 

図や表を積極的に使う

 

資料は図や表(以下「図解」)を積極的に使うことにより、資料が劇的に理解しやすくなります。

図解のメリットは以下のとおり。

・相手の理解度が深まる

・全世代に対応できる

・思考の整理

・時短

これらのメリットがあります。

 

このサイトでは基本的にCanvaを使用して図解を作成しています。

初心者でも使いやすく、試験以外にも活かせるのでおすすめですよ。

 

キー
図解の入れすぎには注意!バランスが大事だよ!

 

統一感を大切に

 

資料全体に統一感があれば、美しいですし頭にも入りやすくなります。

 

具体的には下記を意識しましょう。

・文字の大きさ

・配色

・文の書き方

・配置

 

「これが正解!」というものはありません。

作成例などはこちらのサイトが分かりやすく解説しています。

 

【公務員試験】プレゼン面接(実技練習)のコツ

 

プレゼンの下地が出来上がったところで、最後に待っているのは実技練習です。

いくら良い材料があっても、伝え方が下手くそだと台無しになってしまうかも。

 

ここでは資料を最大限に活かせる方法を解説していきますよ。

 

可能な限り暗記する

 

アドリブで発表するのは論外ですが、台本を見ながら発表するにもNGです。

なぜなら、感情が言葉に乗らず単調になってしまうから。

基本的には、暗記しましょう。

 

参考

PowerPointなどを使う際は、カンペ機能があり箇条書きで要点を書いておくと良いでしょう。

 

口癖に注意する

 

受験生には非日常の緊張状態が続くため、本人では気づかないような口癖が出てしまう時があります。

例えば、

・「あの〜」

・「え〜」

・「あ〜」

といった言葉。

 

これらは緊張してしまうと無意識に出てしまうものです。

あまりにも多いと、面接官に準備不足だと判断されかねないので注意しましょう。

 

制限時間を守る

 

制限時間は必ず守ってください。

5分なら5分以内に、10分なら10分以内にプレゼンを終えられるようにすること。

時間オーバーは大きな減点となる可能性があるため、時間を意識して練習を重ねましょう。

 

↑目次に戻る

まとめ

 

本記事では「プレゼン面接」について解説してきました。

 

公務員試験でプレゼン面接が実施されている認知度が低いため、難しいと思ってしまうかもしれません。

 

しかし、実際にはそんなことはありません。

 

本記事で解説してきた内容を実践していただければ、十分に合格点に届きます。

プレゼン面接で個性を表現して合格を勝ち取りましょう!

 

よく読まれる記事

アガルートアカデミーの公務員面接対策講座を受講してみた【初心者向け】

続きを見る

-面接試験

© 2022 公務員試験道場 Powered by AFFINGER5