スポンサーリンク

勉強方法

勉強貯金の作り方【具体的な記録方法と活用方法を紹介】

先日の記事で勉強が楽しくなる方法を紹介しました。

その中で勉強貯金ノートについて触れています。

この記事ではそんな勉強貯金ノートの具体的な書き方について解説していきます。

勉強はやらされていると感じてしまえば途端につまらなくなってしまいます。

そんな勉強を楽しく感じることができれば「早く勉強したい!」と思えるようになるはず。

勉強貯金ノートは長期間に及ぶ準備期間を楽しくさせてくれるツールなので、参考にしてみてください。

この記事の内容

①具体的な作成方法

②考え方

それでは解説していきましょう。

詳細情報まで記録しよう

勉強貯金の内容はとにかく細かい部分まで書きましょう。

具体的な内容は以下の通りです。

内容

①日付と時間

②教材、科目、問題

③解けなかった問題

順番に解説していきます。

①日付と時間

勉強貯金ノートは毎日記録をするため、必ず日付や時間を記録しておきましょう。

この作業を怠ると、進捗状況が分からなくなってしまうので忘れないようにしましょう。

例えば、

2021年8月12日 15時〜15時30分 30分

このように書いていきましょう。

こうすることによって、何分間勉強しているか詳細に分かるようになります。

②教材、科目、問題

人によって使う教材は様々ですが、今回は僕が長年使っていたオープンセサミシリーズ【公務員・一般知能】を例に解説していきます。

例えば、数的推理の割合の問題を解いたとしましょう。

オープンセサミ、数的推理、割合No.37〜No.42

こんな感じですね。

ここまで詳細に記載していれば進捗状況も一目で分かります。

③解けなかった問題

日々問題を解いているとどうしても解けなかった問題も出てきます。

また解けなかった問題だけでなく、制限時間内に解けなかった問題も記録しておきましょう。

基本的に公務員試験の問題は3分台で解く必要があると言えます。

なので解くのに3分を超えるような問題は記録しておきましょう。

解けなかった問題や、制限時間を超えてしまった問題はその日に解けなかったとしても時間が経てば解ける可能性があります。

何故ならば、自分の問題を解く力はパワーアップしていくからです。

解ける力がついているのにも関わらず、昔解けなかった問題を再度解かないというのはナンセンスです。

何度も何度も繰り返し問題を解いていくことで、解法パターンが身に付き本番の試験でも落ち着いて解くことができるのです。

記録するタイミング

記録は一定の問題を解き終わったらすぐに記録しましょう。

理由としては、解いた問題はすぐに忘れてしまうからです。

例えば数的推理の問題を解き終われば、タイマーを見て何分かかったのかすぐに記録します。

また、問題だけでなく自分の気持ちを書いておくのも良いですね。

問題を解けばすぐに記録しておいて、その日の就寝前に自分の気持ちを書いておくことをおすすめします。

やはり勉強を続けていると心も萎えてきます。

そんな時は我慢せず、吐き出していきましょう。

ヤットが書いていた例

・今日は天秤算の問題が結構良い感じで解けた

・みんなが遊んでる中で8時間も勉強できた

・少し疲れているから明日は休憩を多く取ろう

こんな感じで箇条書きでも大丈夫なので、何でも書いておきましょう。

自分の気持ちを就寝前に書く理由は、気持ちをリセットするためです。

モヤモヤした気持ちは翌日に繰り越すことはやめておきましょう。

1日1日スッキリした気持ちでいることは勉強を持続させるコツでもあります。

・問題を解いたらすぐに記録

・自分の気持ちは就寝前に記録

具体的な活用方法【考え方】

勉強貯金といくらいですから、勉強するごとに貯金が貯まっていくイメージを持ちましょう。

皆さんはお金が貯まっていったらどうしますか?

そう!使いますよね笑

勉強できたらしっかりと使っていきましょう。

勉強貯金の提唱者である粂原氏は、勉強時間が3000分を超えればこのゲームができるとか、何巻まで漫画が読めるという風に自分でご褒美を決めて勉強を続けていたそうです。

僕も3000分なんてとてもじゃないけど、そんなご褒美を待てなかったのである程度勉強をこなせば、漫画を読むようにしていました。

皆さんも自分なりに勉強貯金を見ながら区切りをつけて自分にご褒美をあげてみましょう。

すると、面白くことにご褒美をもらうために楽しみながら勉強できるようになります。

ツールを紹介

勉強貯金の記録の方法は何でも構いません。

スマホを使うでも良いし、ノートを使うでも大丈夫です。

しかし、スマホ等はあまり使わない方が良いでしょう。

何故なら、手間がかかる上にSNS等の誘惑が多くあるからです。

そこで僕がおすすめするのはコクヨのノートです。


 

メモ帳だと小さ過ぎて使いにくいし、普通サイズのノートが良いですね。

あとは安さが大切。

高価である必要は一才ありません。

その点を考えればコクヨのノートが最適です。

このノートなら多少荒っぽく使っても問題ありません。

あとは、勉強貯金ノートを作るのに大切なのが時間管理です。

僕は腕時計で管理していました。


 

この時計は本当におすすめです。

操作性も良いし、何よりも耐久性が半端ないです。

一度購入してしまえば10年以上は軽く使えちゃいます。

ちなみに消防士をはじめ公安職を目指している受験生には是非持っておいてもらいたい時計です。

消防学校等の教育機関に入校する際は腕時計の着用が義務付けられていますし、この時計はみんな付けています。

校則的にも全く問題なし。

これを機に購入しておくのもありですね。

まとめ:どう楽しくするかが大切

今回の記事はここまでです。

ちなみに今回は勉強貯金ノートを紹介しましたが、勉強を楽しくできるのならどんな方法でも構いません。

とにかく公務員試験の準備は数ヶ月単位という長丁場なので、気持ちを本番の試験に持っていくのは大変難しくなっています。

途中で嫌になることもあるでしょう。

それでもそんなネガティブな気持ちを乗り越えて、勉強を続けていかなければなりません。

僕はその時に勉強貯金ノートを活用していたので、皆さんに紹介しました。

公務員試験道場に遊びに来てくれる受験生の皆さんも、もしおすすめの方法があればコメントしてください。

良い方法はみんなで分かちあって、みんなで合格しましょう。

 

いつも応援クリックありがとうございます(*´∀`)♪

このクリックが本当に励みになります。

 

にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 公的試験へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

-勉強方法
-, ,

© 2021 公務員試験道場 Powered by AFFINGER5