スポンサーリンク

メンタル

楽しく勉強する方法【日記で自分を褒めてあげよう】

 

ヤット
この記事では楽しく勉強する方法を解説します^^

 

・何で自分だけこんな勉強をしないといけないんだ

・全くモチベーションが上がらない

・周りの人は何であんなに楽しそうに勉強しているのだろうか、、、

こんな悩みをお持ちじゃありませんか?

公務員試験対策をしていると、このような気持ちになることが多々あります。

自分の気持ちが乗っていなければ、何時間勉強しても質の高い勉強はできません。

こなままではライバルの受験生との差が広がる一方です。

そこで、今回の記事では辛く面白くないとされている勉強を楽しく続ける方法を紹介します。

勉強がつまらない理由

勉強がつまらなく感じてしまう原因は自分の考え方の場合が多いといえます。

それではその考え方とは一体どのようなことを言うのでしょうか。

具体的な目標がない

多くの受験生が、

・消防士になりたい

・警察官になりたい

・市役所の職員になりたい

・刑務官になりたい

というような感じで、非常におおまかに曖昧な目標設定をしています。

しかし、これでは目標が曖昧過ぎます。

目標が曖昧だと「何故勉強しているのか」ということも曖昧になってきます。

勉強は短期間で成果が出ることが少ないので、結果が出ない時間が多くなると途端に勉強がつまらなくなってしまいます。

こう言った受験生に共通することは、就職したら終わりだと考えていると言えます。

皆さんは公務員試験に合格することだけが目的ではありませんよね?

本当は合格してからが大切なのです。

例えば消防士を目指すとしても、一体どのような消防士を目指すかで様々なパターンがあります。

消防士が進む道

①消防隊員

②救助隊員

③救急隊員

④隊長

⑤副隊長

⑥機関員

⑦予防系

⑧総務系

少なくともこれくらいの職種があるのです。

また人気の救助隊員であれば、より過酷で最前線の現場で活動することを求められます。

そのため、消防士の中でも特別の資格や選抜試験を突破していかなければなりません。

ということは消防士の試験に合格してからも、様々な壁を乗り越えていかなければなりません。

考え方としては、

救助隊員になって最前線で活躍する

救助隊員になるための選抜試験に合格する

選抜試験に行けるように上司に認めてもらう

上司に認めてもらうために、日々の訓練と勉強を欠かさない

etc...

このように具体的に逆算していくと良いですね。

これくらい具体的にイメージできていれば、実現したいという気持ちもより強くなり目の前の勉強に集中することができるのです。

他人と比べてしまっている

公務員試験道場ではTwitterも運用しています。

そのTwitterでよく目にする呟きが、

・〇〇より点数とった

・何位だった

こういった意見ですね。

はっきり言ってこういう考え方はナンセンスです。

以前から口すっぱく言っていますが、勉強や準備=努力全般において他人と比べることは全く意味がありません。

そもそも、自分と他人は比べることはできないのです。

何故なら、同じ条件で生きていないからです。

・生まれたところ

・考え方

・育ってきた環境

こう言ったものって全く同じ人は居ません。

バックグラウンドが全く違うのに何を基準に比べるんでしょうか。

「〇〇より点数が良かった」という発言をしている受験生は比べる基準が他人なので、言動もブレブレになってしまい、確実に自分を見失う傾向が強くなります。

僕が皆さんにお伝えしたいのはどこまで行っても比べる対象は自分であるということです。

他の受験生など気にする必要はありません。

常に昨日の自分と比べる習慣ができていれば、途端に勉強が楽しくなります。

日記が最強です【具体的な方法も紹介】

長い期間勉強を持続させるためには、いかに楽しく勉強をするかしかありません。

そこで公務員試験道場では、受験生に対して日記を書き留めることをすすめています。

日記は自分と向き合うツール

皆さんは普段日記をつけているでしょうか?

日記をやって見るけど、面倒くさくてなってすぐに投げ出してしまうなんてことにはなっていないですか?

それは非常に勿体ないことで、是非日記をつけてほしいなと思っています。

ここで勘違いしないでほしいのですが、何も何百文字も書く必要はないのです。

日記をつける際に意識してほしいのは下記の点です。

意識してほしいこと

①自分を褒めてあげる

②どれだけの勉強をやってきたか

③最後に前向きな言葉で締め括る

まずは自分を褒めてあげましょう。

公務員を目指すということは、様々な障壁を乗り越えていかなければなりません。

そんなものに挑戦する自分に対して、

俺ってほんといつも頑張ってるよな〜

いつもお疲れ様!

なんでも構いません。

とにかく自分を褒めてあげてください。

自分の最大の味方は自分なのですから。

ヤット
日記だから誰も見ません、何でも書いてみましょう笑

アウトプットが大切

日記をつけることが大切な理由として自分の想いも可視化ができるという点です。

受験生は日々様々なストレスに晒されています。

そのストレスをうまく吐き出せないと、途中でギブアップしてしまうことにも繋がります。

そこで、毎日日記をつけることによって自分が心の奥で何を思っているのか目で確認することができます。

これは自分の頭の中だけで処理するとうまくいきません。

可視化することによって、自分の気持ちを再確認することが可能になります。

文字にして自分の気持ちを確認してみましょう。

勉強貯金という考え方

皆さんは勉強貯金という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

この勉強貯金とは、京都大学に首席合格した粂原圭太郎氏が提唱されている勉強方法になります。

粂原氏によると、「勉強の楽しさ」と「勉強に没頭するすること」はイコールだそう。

ということは、勉強に没頭できるような方法を考えれば良いのです。

粂原氏曰く、勉強に没頭できる方法として最も効果的なものが勉強貯金ノートだと述べています。

勉強貯金のノートとは簡単に説明すると、勉強で出来たことややったことを毎日記録していくノートです。

勉強貯金ノートのメリットはこちら。

メリット

・記録欲を刺激する

・達成感を感じやすい

・目標に近づいている実感を感じやすい

このようなものが挙げられます。

皆さんも経験があると思いますが、人は記録をつけ始めるとその記録をずっと記録していきたいという欲が現れます。

例えば、小学生の夏休みの朝の体操を思い出してみてください。

記録表にスタンプを押してほしいがために行ってませんでしたか?

勉強貯金も同じです。

とにかく勉強したことを事細かに記録してみてください。

すると、もっと記録を貯めていきたくなり自然を勉強が楽しくなっていきます。

記録をつけていると達成感も感じやすくなります。

昨日はここまでできたから、今日はここまでやってみよう

こんな風にどの部分まで達成しているか目で確認することができます。

また、記録が溜まっていくと日に日に自分が目標に近づいている実感を感じることができます。

自分が公務員になってどんな職種で働いていくかまで具体的に決めている受験生にとっては、目に見えてその公務員像に近づいているでしょう。

 

粂原圭太郎氏のプロフィール

・京都大学経済学部に首席合格

・学習指導塾粂原学園を運営

・勉強法、集中力、記憶力に関する著書を4冊出版(海外でも翻訳されている)

・テレビ出演も多数

・競技かるたを小学生から続けており、現在八段(名人位)

 


本日の記事はここまでです。

公務員試験の準備期間は少なくとも数ヶ月はあるので、長丁場の戦いとなります。

そんな戦いがずっと面白くなければ、続けることは困難に感じてしまうでしょう。

そこで、日記を使って勉強をつまらないから楽しいに変える方法を紹介しました。

僕自身はグーグルカレンダーと勉強貯金を併用していました。

皆さんも自分が楽しく勉強できる方法を考えてみましょう。

 

いつも応援クリックありがとうございます(*´∀`)♪

このクリックが本当に励みになります。

 

にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 公的試験へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

-メンタル
-, ,

© 2021 公務員試験道場 Powered by AFFINGER5