スポンサーリンク

合格に近付くコツ

試験中にトイレに行きたくどうする?【トイレ問題を真剣に考えてみた】

ヤット
今日の記事は試験中のトイレについて解説していきます^^

 

 

今まで試験中にトイレに行きたくなったことはありませんか?

誰しもが一度は経験があるはずです。

これは公務員試験にも当てはまることです。

 

この記事で学べること

①トイレに行っても良いのかどうか

②デメリット

③対策

 

公務員試験においてトイレに行くということが、何を意味するのか解説していきましょう。

合否には関係ない

結論から言うと、トイレに行くことによって試験の得点に直接的な影響はありません。

トイレに行くという行為自体は、人間としての当たり前の生理現象であり否定されるものではありません。

試験前の説明でも「試験中にトイレに行きたくなった場合は黙って挙手してください」と言っています。

このことは、試験用紙の説明書きにも同じ内容が記載されています。

もし、試験中に絶対にトイレに行ってはいけないというルールがあるとするならば、大変なことになります。

 

キー
トイレに行く権利は誰にでもある!

 

僕もそう思います。

そもそも公務員とは憲法や法律の元に成り立っています。

そんな公務員がトイレに行く権利が無いなんてあり得ないですよね。

トイレに行くデメリット

確かに公務員試験中にトイレに行くこと自体に問題はありません。

しかし、大腕を振って「トイレ行ってくるぜ〜」とはなりません。

 

デメリット

①カンニングを疑われる可能性がある

②問題を解く時間が少なくなる

③気持ちを入れ替えにくい

 

順番に解説していきます。

①カンニングを疑われる可能性がある

まず、トイレに行くこと前に試験官は受験生が携帯を持っていないかの確認をします。

これはカンニング対策の一環です。

この時点で、試験官はトイレに行く=カンニングをする可能性があるという認識なのです。

トイレに行くということは密室に入るということです。

密室では受験生が何をしているかは本人にしかわかりません。

流石に試験官もトイレの中にまで入ってきません。

カンニングしようと思えば出来てしまうのがトイレをいう密室の中です。

トイレに行くということは、少なからずカンニングを疑われているという認識を持ちましょう。

②問題を解く時間が少なくなる

トイレに行くとどれだけ早くても5分はかかります。

 

トイレに行く手順

試験官に気づいてもらえるまで挙手する

試験官が気づいて近づいてくる

試験官にトイレに行きたい旨を伝える

試験官が持ち物検査をする

試験官と共にトイレに行く

用を足す

試験官と共に会場に戻る

試験再開

 

これだけの段階を踏んでいるわけですね。

これを5分以内には出来ません。

 

キー
走って戻ってこれば良いにゃ!

 

試験中に走って戻ることは出来ません。

全て試験官の指示に従う必要があり、もし従わなければカンニング行為と断定されてしまいます。

公務員試験が時間との戦いです。

5分消費するということがどれだけ重いことかあなたはわかるでしょう。

③気持ちを入れ替えにくい

無事にトイレから戻ってきたとしても、問題を同じように解くことは至難の技です。

試験中には自分でも驚くほど集中しています。

せっかく集中力が高まっている状態なのに、急に立ち上がって、歩いてというような行為をすることは完全に気持ちを切ってしまいます。

その状態から集中力を高めていくことはそれなりに時間を要してしまうでしょう。

トイレ対策2選

 

ヤット
試験中のトイレ対策として2つあります^^

 

対策2選

①水分を控える

②服装に注意する

 

順番に解説していきます。

①水分を控える

尿は水分を摂取してから約6時間程度で尿として排出されます。

この6時間には個人差がありますので、おおよそです。

仮に朝10時に試験を開始するのであれば、朝4時以降に摂取した水分が試験中に尿意を感じる時間になります。

この時間を調整するだけでも、尿意をコントロールできるでしょう。

②服装に注意する

試験会場は空調設備が整っている場合が多く、全体的に温度が低いこともしばしばあります。

汗をかいた状態で会場に入って、一気に冷やされると汗が蒸発すると同時に体温も奪われていまいます。

すると体温の低下が膀胱を刺激してしまい尿意に繋がります。

汗をかいていても無闇に薄着にならず、体温を調整しながら尿意をコントロールしましょう。

まとめ:【結論】試験中にトイレには行かない方が良い

本日の記事はここまでです。

少しおさらいします。

 

おさらい

1、合否に直接関係ない

2、デメリットがある

3、試験前に対策できる

 

トイレに行くことは様々なリスクを抱えています。

試験前にある程度、尿意を防ぐことは出来ます。

あなたも試験本番前に対策していくことをおすすめします。

 

いつも応援クリックありがとうございます(*´∀`)♪

このクリックが本当に励みになります。

 

にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 公的試験へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

-合格に近付くコツ
-

© 2021 公務員試験道場 Powered by AFFINGER5