スポンサーリンク

合格に近付くコツ

一次試験は私服で受験しても大丈夫?【現役人事担当にも聞いてみた】

 

ヤット
この記事では試験を受ける際の服装について解説しています^^

 

あなたは試験本番の日どのような服装で行きますか?

・スーツ

・私服

この二択になるでしょう。

実際どちらが正解ということはありませんが、公務員試験道場ではスーツをおすすめしています。

これは私自身の経験や人事担当に直接聞いた話からです。

 

この記事で学べること

①スーツをすすめる理由

②スーツのメリット

③私服のデメリット

自由であるが私服はおすすめしない

僕の経験からスーツで受験することをお勧めしています。

確かに「スーツで受験しなさい」という文言はどの自治体の試験案内にも記載されていません。

しかし、だからといってどんな服装でも良いのかというと、それは違う話になってしまいます。

①おすすめしない理由

おすすめしない理由には以下のようなことが挙げられます。

私服をおすすめしない理由

・目立つ

・怪しまれる

・温度管理が難しい

・2次試験以降の際、スーツが着こなせていない

順番に解説します。

 

・目立つ

公務員試験の一次試験においてスーツと私服の割合は9対1です。

つまり圧倒的にスーツ着用者が多いわけですね。

想像してみてください。

教室の中に自分だけが私服で、他の9人は全員スーツなわけです。

これは良くも悪くもかなり目立つことになります。

他の人からの視線もあるため、精神的に弱い人には少々荷が重い服装でしょう。

 

・怪しまれる

当たり前の話ですが、カンニングのような不正行為は厳禁です。

そこで人事担当者たちも目を光らせています。

私服を着ている受験生の中には、重ね着をしている人やポケットが多い服装の受験生が居ます。

こういった服装をしていると、カンニングをし易い服装と判断されるため少なからず試験官の目が厳しくなるのは当然です。

自分が思っていなくても、試験官がカンニング行為だと判断すれば即刻試験会場から出て行かなくてはなりません。

 

・温度管理が難しい

地方自治体の公務員試験が本格的に始まるのは6月末からです。

つまり梅雨以降どんどん気温は暑くなっていきます。

私服で行くとなると、Tシャツ短パンのような服装になってしまうでしょう。

確かにジメジメしているよな時期には最高の服装ですが、試験会場は別世界です。

基本的に冷房がガンガン効いているのでTシャツで試験を受けていると、かいた汗が冷え体温も急激に下がってしまいます。

そのような状態で試験をいつも通りに受けるのは難しいと言えるでしょう。

 

・2次試験以降の際、スーツが着こなせていない

たしかに私服でも試験に合格することはできます。

しかし、その後が問題です。

2次試験以降には必ずスーツを着なければなりません。

その際に、一次試験で私服を着ていた受験生の多くがスーツを着こなせていません。

よく見られるのがネクタイの緩みや、サイズ感の合っていないスーツを着ている受験生です。

これは普段からスーツに慣れていないためです。

このようなことを防ぐためには、一次試験からスーツを着ておくことによって防げるでしょう。

②合格することはできる

キー
でもヤットさん私服で合格している受験生も居るよ!

 

実際に私服で合格している受験生は実際に居ます。

この事実から私服が実際の点数に影響することはありません。

 

ヤット
僕も昔、私服で試験を受けていたことが1回だけあります^^

 

しかし、僕はその一度きりで私服で試験を受けることはなくなりました。

③現役人事担当者はどう見てる?

僕の友人には各地の自治体で人事担当をしている人が居ます。

そこで人事担当をしている仲間に聞いてみました。

 

ヤット:ぶっちゃけ私服の受験生ってどういう印象?

    人事担当の意見聞かせてや^^

仲間(人事担当):ん〜点数には響かへんけど、印象には残るわな。

         私服を着てる受験生は圧倒的に数が少ないからな。

         私服を着てる受験生にはどうしても目がいく。

ヤット:俺はスーツが無難やと思ってるねんけど、どない思う?

仲間(人事担当):全くの同意見。スーツが一番無難やと思うよ。

         変なことを考えずに済むしね。

         これから試験を受ける新人受験生たちにはスーツをオススメするかな〜。

こんな感じでした。

この意見を聞いてどうするかは、あなた次第です。

 

おすすめはやっぱりスーツ

僕は基本的に一次試験からスーツを着用することをオススメしています。

 

スーツを着用するメリット

①余計なことを考えずに済む

②二次試験の練習になる

順番に解説します。

①余計なことを考えずに済む

私服の場合は服装の選択が多くあります。

試験の際にわざわざ考える時間は全くの無駄です。

その点、スーツは最高です。

スーツのセット

ジャケット

・パンツ

・カッターシャツ

・黒靴下

・インナーシャツ

 

これを多いか少ないか感じ方は人それぞれですが、上記のセットがあれば全て完了です。

②二次試験の練習になる

一次試験からスーツを着ておくことにより、スーツに慣れることができます。

スーツが着こなせていない原因はとにかく慣れていないことにあります。

ネクタイ1つにしても締め方は人それぞれで、首の形も違います。

そういった違いを早い段階で知っておくことにより、二次試験で試験官に服装でチェックされるリスクを軽減できます。

 

ヤット
と言うことで、普段からスーツに慣れておきましょう^^

 

社会人経験者でなければスーツを着る機会は少ないでしょう。

そこで、模試を受ける際にスーツを着て行くことをオススメします。

模試は本番の試験に近い形で実施されます。

そのような環境でスーツを着て問題を解くことにより、スーツに慣れておくことができるのです。

とは言え、スーツを着るのは面倒臭いというのは否めません。

 

キー
毎回模試の度にスーツなんて疲れるにゃ(・_・;

 

そう言った人は1度だけでも構いませんので、模試でスーツを着用しましょう。

1度スーツを着用しているのと、1度も着用していないのでは雲泥の差があります。

 

キー
なるほど。一度だけなら大丈夫かも( ^ω^ )

 

まとめ:私服は辞めておこう、スーツが無難

今日の記事はここまでです。

一次試験のスーツ着用に関しては色んな人が色んなことを言っています。

そのどれもが正解でも不正解でもありません。

僕自身も、自分の意見が全て正しいとは思っていません。

しかし、この公務員試験道場の運営者として絶対にスーツ着用をおすすめしています。

正解は無いにしろ、スーツを着用することによって様々なリスクを軽減できると考えています。

これは私服の比ではありません。

スーツを着用することによって、リスクを軽減できるのであれば着用しない理由は無いでしょう。

 

いつも応援クリックありがとうございます(*´∀`)♪

このクリックが本当に励みになります。

 

にほんブログ村 資格ブログ 公務員系資格(公務員試験)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 公的試験へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

-合格に近付くコツ
-

© 2021 公務員試験道場 Powered by AFFINGER5