スポンサーリンク

一般知識全般

【過去に勉強していた内容を公開します】知識分野のまとめ①

 

ヤット
この記事では昔僕がまとめていた知識分野の勉強方法について解説します^^

 

公務員試験道場では基本的に知識分野についての解説はしていません。

理由はパターンを制する者は、試験を制すをご覧ください。

知識分野はとにかく理解するまでに時間がかかってしまい、効率が良くありません。

勉強の方法を誤ってしまうと大幅に勉強時間を失ってしまうリスクが高くあるのです。

そのため、公務員試験道場では一般知能分野に特化して解説を続けています。

 

受験生
一般知能の方が大切なのは分かるけど、知識の情報も見てみたい

 

受験生
知識の勉強方法が分からない

 

受験生
ヤットさんはどうやって勉強していたのですか?

 

こんな要望を多く頂くようになったため、特別に知識分野の情報を公開したいと思います。

公開するにあたって注意してほしいことがあります。

注意してほしい点

・情報が古い

・詳細は解説しない【あくまで参考だけ】

 

僕が知識分野を本格的に勉強していたのは7、8年前になります。

そのため古い情報になっており現在の情報にマッチしていません。

僕が公開している情報と最新情報を混同しないように注意してください。

また知識分野の解説は基本的にはすることはありません。

あまり突っ込んだ解説はせず「あ〜こんな勉強方法もあるんだな」程度で記事を見てもらえれば助かります。

それでは解説していきます。

知識分野の勉強方法:ルーズリーフでまとめる

 

ヤット
僕は知識分野を勉強する際はルーズリーフに情報をまとめていました^^

 

知識分野の勉強はとにかく時間がかかります。

そのため参考書をダラダラと勉強したところでいくら時間があっても足りません。

そこで自分なりに情報をまとめてルーズリーフに書いていました。

 

ルーズリーフをおすすめする理由

①情報を厳選できる

②一目で情報を網羅できる

③ストックしやすい

 

順番に解説していきます。

①情報を厳選できる

知識分野の勉強範囲は気が遠くなるほど広いものになっています。

そのため全ての科目を網羅することはできません。

そこで、情報を厳選してルーズリーフにまとめておくことによって、無駄な時間を浪費する危険性を回避することができます。

注意ポイント

情報の取捨選択は個人ですることは難しいため、学校に通うことが前提となります。

学校の講師は公務員試験のプロですから、知識の出題ポイントをしっかりと押さえています。

 

②一目で情報を網羅できる

知識分野は量が膨大なため振り返りが難しくなります。

あなたにも想像してほしいのですが、分厚い参考書をめくっていって頭に入りますか?

僕は絶対に頭に入りません。

そこでルーズリーフに自分で分かりやすいようにまとめておくと、一目で情報が頭に入ってきます。

知識の勉強で大切なことは、とにかくパッと見て多くの情報が網羅できるかどうかです。

③ストックしやすい

知識分野を勉強していくとどんどん情報が入ってきます。

普通のノートを使って1冊でまとめることはできません。

また科目別でノートを使うと何冊になるか分かりません。

そこで、1枚ずつ別れていて自由に出し入れできるルーズリーフにまとめておくことによって、新しい情報がストックしやすくなっています。

 

ヤット
僕はルーズリーフで勉強していて格段に暗記しやすくなりました^^

 

まとめ:自分なりに情報をまとめておこう

 

今日の記事はここまでです。

おさらいです。

ルーズリーフをおすすめする理由

①情報を厳選できる

②一目で情報を網羅できる

③ストックしやすい

 

僕の場合はルーズリーフが性に合っていました。

とにかく知識こそ広く浅くが当てはまる勉強が必要です。

自分なりに知識分野をまとめておくことをおすすめします。

間違っても参考書をダラダラと勉強していいくことが無いようにしてください。

 

ヤット
次回の記事では実際に僕が使っていたルーズリーフを公開します^^

記事を気に入っていただたらクリックお願いします^^

-一般知識全般
-

© 2021 公務員試験道場 Powered by AFFINGER5